[たまサポ通信 003号]それは本当に問題なのか?(2019/1/8)

あけましておめでとうございます!たまサポートサービスの柴橋です。

昨年末の12月22日・24日は、関西でミニ四駆を用いたワークショップを実施させていただきました。イベントを開催はとても手間ひまのかかるものですが、今回は関西在住の友人のみなさんからご協力をいただくことで実現することができました。ありがとうございました。

今年も引き続き、このメルマガでは「人の問題」に対処するための方法を確立することを目的として、さまざまな情報を発信しています。(これまでのバックナンバーは、 https://4884.biz/blog/archives/category/mail-magazine にてご覧いただくことができます。)

本日のテーマ:それは本当に問題なのか?

前回は「問題」について、それはいつ生まれるのか?どのように生まれるのか?誰が生んでいるのか?といった事について考えてみました。

ある出来事があり、その出来事について、目的に照らし合わせての判断~意味づけがなされる。

その時、その出来事が目的に反するものであるという意味付けがなされれば、その出来事は問題として扱われる。

例えば…
電車の中で携帯電話をつかって通話している人がいます。電車内での通話を控えるのは社会人として最低限のマナーであり、そのマナーは守られるべきだ!と思っている私にとって「電車内で通話している人」は問題だ。といったような感じです。

---
今回は「問題」についてもう少し考えてみましょう。

前述の例では、さらっと「「電車内で通話している人」は問題だ」と書きました。

しかし、あらためてみなさんに問いたいと思うのですが、この例の中で「問題」とは何なのでしょうか?

1.電車内で通話している人
2.電車内で通話しているという行為
3.電車内で通話している人がいるという状況
4.電車内で通話している人が、私の常識から外れていること
5.そのほか

これが正解!みたいな話をしたいわけではなくて、ここであらためてみなさんと一緒に考えてみたいと考えるのは、問題というものは、必ずしも「今対象として扱われている」人・行為・状況そのものであるとは限らないのではないか?」ということです。

---
「1・電車内で通話している人」が問題だと仮定した場合、その人がどんな状況にあったとしてもその人が問題であることは変わらないはずです。しかし、その人がもし0歳の赤ちゃんだったら、その赤ちゃんに対してその赤ちゃんが問題だ!とは言わないでしょう。(まぁその前に電車内で電話できませんが…)そう考えると「人そのものが問題」だとはちょっと考えにくいと私は思います。

---
「2・電車内で通話しているという行為」についてはどうでしょうか?
調べたわけではありませんが日本の多くの鉄道では「車内での通話はお控えください」といった趣旨のアナウンスがされるように感じています。鉄道会社からすると少なくとも「お願いを聞いてもらえない」という意味で、電車内で通話している行為は問題だということになりそうです。

ただ、ここでぜひ思い出してもらいたいのは、その問題は「誰の」問題なのか?という前回のお話しです。

例の中では書いていませんでしたが、この例での誰?は鉄道会社の人ではなく同じ車両に乗っていた乗客の人でした。ですからここではその乗客の人にとって何が問題なのか?を考えたいと思います。

その乗客の人が「電車内で通話している人」を見て腹立たしくイライラしたのは事実なのですが、じつは私はその乗客の人が電車内で通話しているという行為を「問題ではないとした話」をお聴きしたことがあります。それはその人が韓国に旅行に行かれた際の出来事の話です。

その人のお話しでは「韓国の電車やバスでは車内での通話は、日常の風景でマナー違反ではない」そうです。

気になったので「車内のあたこちで通話してる人がいる状況下で、腹が立ったりイライラしたのですか?」とお聞きしてみたのですが、これがびっくりしたことにまったく腹が立たなかったしイライラもしなったというのです。

こうなると「電車内で通話しているという行為」は問題を認識するにあたって関係はあるものの、それ自体が問題とは言えないのではないか?ということにもなってくるように思うのです。

みなさんはどのように思われるでしょうか?

---
ちょっと今回は長文になってますので、ここでいったん休憩です。
続きはまた次回に!

最後までお読みいただきありがとうございました!

イベント情報

今週はRSGT2019に登壇します!

2019年1月9~11日 [東京]
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2019
1/10 13:00~ 喧嘩できるチームを作るワークショップ
※高柳さん・吉田さんと共同でワークショップを担当します
 → https://2019.scrumgatheringtokyo.org/index.html

2019年2月16日[東京]
TOCfE BootCamp 雷鳥が目指した頂への軌跡・改 ~アンビシャスターゲットツリー~
※たまサポの活動ではありませんが、柴橋が世話人を努めています
→ https://tocfebc.doorkeeper.jp/events/84033

※イベント情報では、たまサポートサービス主催ではないものについてもご紹介しています。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

たまサポ通信 発行元

たまサポートサービス[柴橋 学]
〒660-0076 兵庫県尼崎市大島2-22-16-202
〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-6-86-219
Mail:web@4884.biz
Web:https://4884.biz/
Blog:https://4884.biz/blog/

バックナンバー
→ https://4884.biz/blog/archives/category/mail-magazine

コミュニティからの退会(配信解除)
→ https://4884biz.doorkeeper.jp/member/edit
 ※「コミュニティを退会」をクリックすると退会できます