この投稿はTOCfE Advent Calendar 2015 の19日目の記事でもあります。
昨日は、安田さんの「恋歌放浪記」でした。

さて、本題に入る前に告知をひとつ。
教育のためのTOC[TOCfE:TOC for Education]や思考ツールに興味があるみなさんに取っておきのイベントが本日(2015年12月19日[土])、秋葉原で開催されます!
「なんとなく興味はあるんだけど、何かよくわからないし…ちゃんと知らないし…」という方!ぜひ会場へいらしてください!きっと、TOCfEとは何かがよくわかる第一歩になると思いますよ!!

【東京開催】日常系非日常TOCfE ~日常の中でちょこっとやってみたこと言う会~
2015-12-19(土)13:30 – 16:30
→ https://tocfebc.doorkeeper.jp/events/33922

こんにちは。
安田さんにいい感じに紹介していただいて、「ヒューヒューだよー!(古いな!)」という感じで気分のいい柴橋ですm(__)m

「TOCfEサイコー!」みたいな記事ばっかりだと、なんだか宗教みたいで怪しいですよね!(キラッ!)

そこで、僕にとっては普段からよく思っている「TOCfEの思考ツールを使うとか使わないとかどっちでもいいです。」という話を書いてみたいと思います。

ブランチ

僕は、「TOCfEの思考ツールを使うとか使わないとかどっちでもいいと思うんだ。」

なぜかというと「僕にとって本当に大切なことは、目の前にいる誰かとの対話を続けられている」ってことなんだけど、「目の前の誰かと対話する手段は、TOCfEの思考ツール以外にもたくさんあると思う」からさ。

なぜ、「目の前にいる誰かと対話を続けられていることが、大切だと思うのか?」だって?

それは、僕にとって本当に本当にいちばん大切な事っていうのは、「私もあなたも私たちの周りの人たちも、みーんなハッピー!」ってことだから。

僕にとっては「あなたとなんて話したくない!」と拒否されることはとってもとっても悲しいことだよ。

「あなたとなんて話したくない!」なんて言われたら僕は(きっと相手も、それを見ている周囲の人たちだってそうだ)ちっともハッピーじゃないんだ。

20151219_2

「僕自身も、相手も、まわりの人も、みんなハッピーである。」ためには、僕は「相手の話を自分がちゃんと聴けている」って事が大切だと思うんだ。

けど、相手の話をちゃんと聴くって難しいよね。
だから僕は、「TOCfEの思考ツールをよく使う」んだよ。

なぜ「TOCfEの思考ツールを使うのか」って?

それはね。
「相手の話をちゃんと聴くっていったってさ、そもそも何を聴いていいかわからないから。」
それが「TOCfEの思考ツールを使うと、自然に話が盛り上がる」し、時には「相手さえ気づいていないことに、僕が先に気づける!」なんてこともある。

TOCfEの思考ツールが、ちゃんと聴くって事を手助けしてくれるんだ。

20151219_3

けど、「TOCfEの思考ツールを使わない」って時もあるよ。

僕にとって「僕自身も、相手も、まわりの人も、みんなハッピーである。」ためには、「相手が僕との対話を続けてくれている」って事が大前提なのは、最初に話したよね。

だから、TOCfEの思考ツールを使おうとすることで、「あなたとなんて話したくない!」ってなっちゃう時とかは使わないようにしてる。

人によっては、「付箋を出しただけで、イラッとする人」もいるし「TOCfEの思考ツールを使おうとすると、会話の流れをコントロールされてるみたいで嫌な気持ちになる人」もいるんだ。

あと「相手の人が話したい内容が、TOCfEの思考ツールにマッチしていないな…」って感じるときも使わないね。

私も、あなたも、まわりの人もみんなハッピーである
結局、手段なんて何でもいいんだよ。
TOCfEの思考ツールを使うか/使わないか。なんて僕にとってはどっちでもいいことなんだ。
TOCfEの思考ツールを正しく使えているかどうか?なんて、もっとどうでもいいことだ。

大切なのは、
自分自身がハッピーなのか?
自分の目の前にいる、自分の大切な人がハッピーなのか?
自分の周りにいる、自分とつながっている人たちがハッピーなのか?
って、事なんだ。

自分の親や子供、配偶者、友達、会社の上司や同僚、取引先の人たち。
そんなあなたの周囲にいるその人たちに対して

あなたの人生は、
自分の不満を突きつけるだけで終わってしまっていいのかい?
自分は「こんなに正しいんだ!」と主張するだけで終わってしまっていいのかい?

僕自身は、そんなのはイヤなんだよ。
目の前の人がとても悲しい思いをしているのに、
その人に対して「自分は正しくて、あなたは間違っている!」なんて、
そんなの自分自身が全然ハッピーじゃないんだ。

 

とはいえこれを読んでいるあなたは、あなたの考えでいいと思うよ。
それはそれで大切なあなたの価値観だからね。(それは最大限尊重されるべきだ!)

さて、あなたにとっては、どうかな?

 

================================

と、いうことで、途中から「お前だれやねん!」「大阪捨てたな!」的な文章になってしまって自分でもおかしかったので、文章全部その調子であわせてみました(笑)がいかがだったでしょうか?
(かといって、文章で「~やん」といった具合に大阪弁になるのは違うと思うのだ。)

さて、明日はなんと!いきものがかり 吉岡 聖恵さん!!
にそっくりなJunko Irieさんの登場です!(一回カラオケをご一緒したい!)
どんどんハードルがあがっていくこのカレンダーにどんな記事をぶつけてくるのか!!

それにしてもこの翌日の紹介って、昔の夜のヒットスタジオのオープニングみたいになってますね。

 

-----------------
教育のためのTOC[ TOCfE:TOC for Education ]について、グッときた方へ。
下記のwebサイトで、各地のコミュニティ活動などの情報を発信しています。
ぜひご覧ください!

NPO法人 教育のためのTOC 日本支部
http://tocforeducation.org/

TOCfE BootCamp
※一つの思考ツールを一日かけてじっくり学べます!
実際に描いて・教えて・支援してみる。そんな集まりです。
https://www.facebook.com/tocfebc/
https://tocfebc.doorkeeper.jp/

TOC/TOCfE関西分科会
※関西にお住まいの方はぜひこちらへ!
https://www.facebook.com/tocfe.kansai/
https://tocfe-kansai.doorkeeper.jp/
また、参考書籍として下記のものがあります。

考える力をつける3つの道具
http://www.amazon.co.jp/dp/4478027730